安倍知子

安倍知子さんは現在みどりの風に所属している議員さんの1人です。もう1人は亀井静香さんです。安倍知子さんは2013年5月に国会内でみどりの風元代表の谷岡郁子さんと記者会見を開いて、日本未来の党代表に就任したまま、みどりの風に入党することを明らかにしました。そしてその後、正式にみどりの風へ参加し、党代表代行に就任しました。でも、結局2013年7月の参議院議員通常選挙で、みどりの風は4人も落選。政党要件を満たす人数の確保ができず、政党としては権限がないんです。ただし、代表だった谷岡さんも落選したので、事実上は安倍知子さんがみどりの風の党首のようなものですけど、肩書きはまだ代表代行になったままですよ(^^)

安倍知子さんの政治家としてのあゆみ

安倍知子さんは2000年に初当選して、以来、5期連続当選しています。

Green Wind Party Japan !

社会民主党

安倍さんは社会民主党にずっと所属していました。2003年には社民党の政策審議会長に就任して、阿部さんが社会民主党を離れるまでの9年間、社会民主党政策審議会長を続けました。でも、党首の福島瑞穂さんとはあまり合わなかったのかな~。というか、自分の意見を我慢して協調するというタイプではない安倍さんなので、党首に対してもおべっか使わなかったんでしょうね。でも政治家はそれくらいじゃないと大成しない気もするけど、その反面、そういった部分においては不器用な方かなとも思います(^^;)

日本未来の党

2012年11月には社民党を離党することを発表した安倍さんですけど、その際に社民党をちょっと批判したんですよね。党首選挙が1996年の結党以来、1度もされていないことを、閉鎖的だと言って批判してました。私もこれには賛同します。福島瑞穂さんもワンマンすぎるんじゃないでしょうかね。だからといって福島瑞穂さんの後任を務めます!と意気揚々とした方が出てこないって言うのも困ったものです。結局その後、日本未来の党に参加を決めた安倍さんですが、すったもんだありながらも日本未来の党の代表に就任したわけです。そして2013年になるとみどりの風にも入党して、2足のわらじで政治活動をおこなっている議員さんになります!!

安倍知子さんの政策【遺骨収集】

安倍知子さんの政策や考えなどの1つに、『遺骨収集』というものがあります。戦没者の遺骨収集に積極的で、海外での遺骨収集事業にも実際にけっこう参加されているんだそうです。第二次世界大戦から60年以上が経過している現在も、海外に多くの戦没者の遺骨が散らばっているそうです。しかし、これはいまだに放置されていて、祖国への帰還が進んでいない状況に問題意識を強く持っているんだそう。衆議院厚生労働委員会で繰り返し質疑をしたり、遺骨収集事業にもっと政治が介入して責任を持って活動するべきだという思いを、厚生労働大臣に訴えたりしているんですって~。自分の考える政策にこれだけ本気で取り組んでいる議員さんもけっこう少ないのではないでしょうか???非常に行動派な方ですね(^^)もちろん他にもいろんな政策を掲げていますが、この遺骨収集が個人的に気になったのでご紹介してみました~☆

まず国民が知るべきです!

安倍知子さんの職業【医師】

安倍知子さんはもともとは医師です。そのなかでも、小児科医をしているそうです。小児科医といえば、けっこう過酷な労働だということで近年、減ってきていると言われていますよね。そんな小児科医の彼女の職歴はこんな感じです♪

1977年
稲田登戸病院小児科に勤務していました。
1980年
国立小児病院神経科に勤務していました。
1983年
東京大学医学部附属病院小児科に勤務していました。
1993年
1年間、アメリカ合衆国メイヨークリニック疫学部に留学していました。
1999年
1999年~2000年まで千葉徳洲会病院長をつとめていました。
2000年~
衆議院議員に当選したので徳洲会系の湘南鎌倉総合病院に非常勤で勤務して、小児科の外来を担当しているんだそうです。徳洲会といえば、最近テレビでなにかと名前を聞きますよね。現東京都知事の猪瀬さんへお金を貸したとかいう件で。安倍知子さんはその徳田虎雄さんとも、徳洲会の病院長をつとめた関係で、もちろん親交があるようですよ~。

みんなで日本の政治を考えよう!